人気のアルミフレーム材にLIXILのプラスGという商品があるのをご存知でしょうか?
プラスGとは、お庭や玄関周りなどに敷地内に自在にレイアウトでき、立体的な空間として庭を「間取る」ことができる商品です。
従来のエクステリア工事では、コンクリートやブロックで床や壁を作っていました。皆さまがご想像するお庭づくりです。私たちはそこにオシャレさや、スタイリッシュさをプラスしたく、アルミフレームをご提案させていただきております。好きな位置に柱を立て、フレームを組み、屋根をつけたり壁を作ったり、お庭を立体的に組み立てることが出来ます。

門周りをプラスGで作らせていただいた施工現場です。フレームを組み、正面にも縦格子でオシャレな目隠しを作り、側面はしっかり隠せるようにスクリーン材で壁を作りました。梁の下にはダウンライトを仕込み、夜も魅せれる空間としました。

アプローチとお庭を仕切るための壁としてアルミフレームを作らせていただいた施工現場です。壁の奥はリビングがあり、来客者から直接見えないようにフレームに壁を作りました。その壁にはポストと表札を付け建物との一体感も持たせました。

人と違った庭、モダンな家、家と一体感のある庭。
プラスGは洋風・和風・和モダン・スタイリッシュどんなお家にも取り入れることは出来ます。
こういったお庭の空間づくりは当社にお任せください。

 アウトドアリビングという言葉を聞いたことがありますか?言葉の通り外にあるリビングです。戸外の空間を身近に楽しめる多目的スペースとして今注目を浴びています。アウトドアリビングでは家の中のリビングのように、家族でおしゃべりをしたり、ご飯を食べたり、ペットを遊ばせたり、家族がくつろげる空間を作ることが出来ます。
 想像してみてください。リビングの掃き出し窓を出るとそこにはイスとテーブルがあり、ゆったり座って子供が遊ぶ姿や、庭木の成長を眺める。お家にいながら子供をキャンプごっこ。お風呂のあとに外に出て外気浴なんて使い方もありますね。以前施工させていただいたお客様からは、夕食後よく家族みんなでアイスを食べているなんてお聞きしました。そんな空間をアウトドアリビングと呼んでいます。

 居心地の良い空間にするために私が必要と考えるものは、道路からの視線を遮る「壁」、日射を遮るとともに人に安心感を与えてくれる「屋根」、座れる空間を作る「床」の3つです。まさに室内のリビングと一緒ですね。

 この3つを取り入れると快適なアウトドアリビングを作れると私は考えています。敷地に合わせたフルオーダーのものから、ご予算に合わせたものまで様々なご提案をさせていただきます。

 新築建物に付随した外構工事を行っております。境界塀を作るためのブロックフェンス工事。カーポートや土間コンクリートの駐車場。玄関までのアプローチ。花壇や植栽スペース作成。どんなスタイルもお任せください。3Dのイメージパースを使ってご提案いたします。

 長年使われてきたお庭のリフォームは当社の最も得意とするところです。家族構成の変化や生活環境・趣味などによってお庭に求められるものは変わってきます。すべて壊して作り直すフルリノベーションも解体工事から当社で行います。また、今あるものを残したり、それを利用して何かを作ったり、そういったリフォームも行っております。思い入れのあるお庭ですので、残す・活かすをご相談しながらプランニングを行っております。
 3Dのイメージパースを使って完成後を見ていただきながらご提案致します。工事の大きさに関わらず、お気軽にご連絡ください。

contact

お問い合わせ


[お問い合わせフォーム]またはお電話・FAXよりお気軽にお問い合わせください。

営業時間 9:00〜17:30(定休日/日曜日)